大人ニキビ予防のためにすることは?

ニキビ化粧水-大人ニキビ予防のための七つの約束

大人ニキビを作ってしまう原因はひとつでないため、生活習慣や食生活の見直しやメンタル面のケア、運動不足解消や洗顔やメイクにまつわる知識の強化など、色々と改善策を考える必要が出てきます。

ですが実際のところ、特に大人の女性であれば仕事であったり、生活であったりと、なかなか自分の事だけを行っていられる時間は多くないのではないでしょうか。毎日の生活に追われる中ニキビが生まれてしまっただけでもきついのに、やらなければいけない事が増えてしまうのはできれば避けたいものです。
ニキビ跡にできたクレーターや肌の凸凹、どうやって治す?

出来れば大人ニキビを元々作らないような意識改革をしていく事が大切になります。そんなに難しいことではなく、何かの行動を起こす時に覚えておくと大人ニキビを作らずに済むヒントを頭の片隅に置いておけたらいいですよね。ぜひ一緒に見ていきましょう。

まず一つ目ですが、みなさんは朝食をきちんととっていますか?体の健康を維持するだけではなく、ダイエットや美しいお肌にとっても朝食は大切です。

お腹がすいたまま睡眠に入り体が飢餓状態だと感じてしまうと、生存本能のために体内では脂肪を溜め込もうとする活動が始まります。すると代謝が鈍ってしまいお肌に影響があるばかりか、体重も増えてしまうのです。朝食はしっかりと毎朝とってください。

二つめは、女性の毎日のメイクに関してです。帰宅した後メイクはきちんと落としていますか?クレンジングしないまま眠ってしまうと、お顔に不要な角質や皮脂が増加し、ニキビが生まれやすいお肌環境になってしまいます。帰宅後はクレンジングする習慣をつけられたらいいですね。

三つ目は、スキンケアに関してです。洗顔やクレンジング後に大切なことは保湿です。洗顔後のお肌はとても敏感になっています。保湿せずにそのままにしておくと、乾燥肌の進行にもなりかねません。

お肌の乾燥はニキビを招く危険な行為です。洗顔後やクレンジング後は、お肌を化粧水などで潤し、潤いが逃げないようクリームなどで保湿してあげて下さい。ニキビを防ぐことにも、今あるニキビの悪化を防ぐことにも繋がります。

四つ目は体内への水分補給をしっかりと意識することです。健やかな体作りに関しても大切ですが、若々しいお肌をキープするためにも、一日1.5リットルの水分を摂取することは大切です。お肌の健康を維持し、大人ニキビを作らせないように、免疫力を高めたいものですね。

五つ目は髪を洗うタイミングになります。髪を洗うこととニキビは余り関係ないようにも思えますが、お顔以外にもニキビが生まれやすい部位があり、頭もそのひとつです。美髪や頭のニキビ対策には、朝のシャンプーを夜に移動しましょう、というのがお勧めになります。

髪は代謝が活発になる夜に生まれますが、その際髪がきれいじゃない場合、頭皮の不要な角質が蓄積し、アクネ菌のエサとなってしまう事が多いです。アクネ菌が増加するとニキビに直結してしまいます。

また汚れた髪のままベッドで寝てしまうと、枕カバーやシーツなどに汚れや菌が付着し、ニキビが生まれてしまうかもしれません。できればその日の汚れはその日のうちに落としたいものです。

六つ目は枕カバーやシーツ寝巻きなどを頻繁に取り替えましょう、と言ったお話です。毎晩汗を吸収している寝具や寝巻き、目で見ることはできませんが菌やバクテリアがたくさん付着しているものです。

健康なときにはそれをお肌は感じない事が多いですが、免疫力の落ちたお肌が突然それらを感知し、ニキビとなって現れる事があります。小まめな洗濯がオススメです。

そして最後の七つ目は、お顔の皮脂に関して。お肌にオイリー間を感じたときは、時々そのテカリをコントロールしましょう。お肌がテカっているときは皮脂が過剰に分泌されている証です。脂が酸化してしまうことはニキビにとってご馳走と同じこと、ニキビが生まれやすいお肌環境とイコールとなってしまいます。

あぶら取り紙やフィルムなどで、気付いた時に優しく皮脂を排除して下さい。但しやりすぎは乾燥肌へとお肌を進めてしまうことにもなりかねません。ほどほどを意識してください。