ニキビの治療法、光治療とは?

ニキビと光治療について

クリアタッチ、フォトフェイシャルアクネ、これらの単語を耳にしたことのある人はいらっしゃいますか?これらはニキビの治療に有効といわれる治療機器に名前になります。最近支持する人の多いこれらの機器の働きは、ニキビの元となるアクネ桿菌を、光を活用して滅菌して倒してしまうというものです。

今では数多くの皮膚科などで利用されていて効果も実感できるといわれていますが、少し気になる点も存在します。

光毒性を持つポルフィリン体はアクネ桿菌から生まれるものですが、光毒性という言葉通り、ある一定の光に影響され活性酸素を生み出すことで有名です。活性酸素という言葉は、アンチエイジングという言葉と一緒に聞いたことのある人も多いのではないでしょうか。

体を錆び付かせ、老化の進行を進めてしまう元だといわれているものが、活性酸素です。体からすれば活性酸素を作ってしまう事が毒な事、そのためにポルフィリン体は光毒性と呼ばれています。

そしてポルフィリン体から活性酸素を作り出してしまう光が、光老化で有名なの紫外線です。お肌に紫外線を受ける事でポルフィリン体が活性酸素を作り出し、皮膚に対して徐々にダメージを与えていくと考えられています。紫外線がお肌に与えるダメージは他にもありますが、ポルフィリン体に関わる体への悪影響もそのひとつです。

ニキビ対策に有効なクリアタッチやフォトフェイシャルアクネスには紫外線は使用されていませんが、良く似た波長を持つ光で、活性酸素をポルフィリン体殻作り出してしまう光になります。

光毒性の話は上記でしましたが、体に悪い影響のものを手間をかけて作り出してしまうのは一見不思議に感じるかもしれません。但しそういうことではなく、体に悪影響のない光を利用することで活性酸素をたくさん生み出す、そしてその力でアクネ桿菌を殺菌し、アクネ桿菌を無くす事で活性酸素も無くしてしまう、というメカニズムが光治療のキモだといわれているようです。

これらの光を利用した治療法の大きなデメリットは、現在では特に上がってきていません。長い間抗生物質を摂取し続けたり、副作用の生じる治療を受けるのと比較すると体に優しい、というのが、光治療を選択するお医者様の考えのようです。

だからといって全てがベストだ、とは言い切れないと思いますので、光治療を考えている人は、まずはお医者様のしっかりとしたカウンセリングを受けるところから始めて下さいね。