ニキビに有効な栄養素とは?

ニキビ予防に役立つ栄養素とは

ニキビを予防する方法は様々ありますが、食材やサプリメントでもニキビを防ぐことは不可能ではありません。肌本来の働きを正しく維持するために、食材やサプリメントでサポートしてあげることは重要なことと考えられます。

ニキビを作らせないために大切な栄養素はビタミンB2にB6、そしてビタミンCです。健やかなお肌を作り出すために重要な役割を持っているのがビタミンB2とB6、細胞を生まれ変わらせる働きや、エネルギー使用を活発化させる働きも担っています。 少し詳しく案内させて下さい。

ビタミンB2の特徴は、ニキビのきっかけとなる脂質を体内で抑制する力になります。もしもビタミンB2が体内で足りなくなってしまった場合、脂質を抑制する力が鈍ってしまい、皮脂分泌にも悪影響がでてきてしまうでしょう。

となるとお肌が外部から攻撃されたとき、保護する事が出来なくなってしまうのです。ビタミンB2が体内で足りなくなってしまうということは、お肌の抵抗力を弱めるということ、ニキビが住みやすい環境を作ってしまうことに繋がります。

次にビタミンB6になりますが、こちらはお肌の新陳代謝をサポートするたんぱく質を、再び作り出す働きを持っています。体内にビタミンB6が足りなくなってしまうと、正常なお肌の新陳代謝が叶わなくなってしまうということです。

新陳代謝が鈍ると、不要になった角質などを排出する事が出来なくなり、毛穴に角質を詰まらせる原因となってしまいます。それがニキビのきっかけとなるリスクは高いです。

最後にビタミンCになります。テレビや雑誌などでビタミンCがお肌に良いことを目や耳にしたことのある人は多いのではないでしょうか。ビタミンCには体内へと鉄分の吸収を促したり、コラーゲン生成のサポートをする役割を持っています。

皮膚の奥にある真皮を支えている多くの要素はコラーゲンですが、コラーゲンは皮膚や骨などの組織を結びつける働きを持っているたんぱく質の一種です。若い頃は豊富にあるコラーゲンですが、年々減少していく事がわかっています。

このようなコラーゲンを作り出す手助けをしてくれるのがビタミンCなのです。ビタミンCがあるからこそお肌の働きを維持する事が出来、ニキビを防ぐ事が期待できます。

ニキビ予防のためにもビタミンB2にB6、そしてビタミンCを含んだ食材やサプリメントを摂取し、健やかなお肌をキープしていきましょう。